2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.27 (Tue)

金曜のバカ  越谷オサム

金曜のバカ金曜のバカ
(2010/01/30)
越谷 オサム

商品詳細を見る

天然女子高生と気弱なストーカーが繰り返す、週に一度の奇天烈な逢瀬のの行き着く先は――?(「金曜のバカ」) ピュア過ぎてアブノーマルなヤツらが繰り広げる妄想と葛藤! ちょっと変でかわいい短編小説集

越谷さんの小説を読むのは『階段途中のビッグノイズ』以来二作品目です。
『階段途中のビッグノイズ』は軽音楽部だった高校時代を思い出してちょっとベタだなぁーっと思いながらも楽しく懐かしく面白く読めました。
今回の『金曜のバカ』は五つの作品からなるキュートでロマンチックで爽やかな青春小説短編集です。
これも見事にやられてしまいました。

若いっていいよなぁ~青春だなぁ~ 読みながらおっさんなのに妄想男子だった昔を思い出して胸がズギューンとして知らない間に、にやけてしまう。

タイトル作の『金曜のバカ』は、んん?援交?なんだなんだ?今どきの女子高生は・・・なんて勘違いさせてくれる出だしから始まって天然女子高生とその女子高生を運命の人だと思い込んでしまう妄想引きこもりストーカー青年が決闘するというありえない展開へと話が進んでいく。

『星とミルクティー』は妻の初めてのお産に立ち会うべく病院へ急ぐ主人公がなぜか八年前の流星群の夜に一度だけ出会った顔をよくわからない女の子のことを思い出してしまってどうしようもなくなる。

『この町』は愛媛県松山に住む高校生のカップルが主人公で彼が彼女を誘ってお正月東京へバスで遊びにいくことを計画して彼女とあんなことやムフフなことやあぁーやってこーやってと妄想を膨らまして期待に胸を躍らせてバスへ乗り込んだのに彼女はドタキャン・・・

『僕の愉しみ 彼女のたしなみ』は恐竜オタクの主人公がそれをひた隠しして彼女と付き合ってデートするのですが彼女にも人に言えない・・・

『ゴンとナナ』は吹奏楽部を辞めたナナと飼い犬の老柴犬のゴンのちょっぴりホロ苦い物語。

どの作品もオバカであったかくてちょい切なくて楽しんで面白く読めたのですが自分の高校時代の妄想をたっぷりと思い出させてくれた『この町』とむっちゃいじらしくて可愛らしくて微笑ましい『僕の愉しみ 彼女のたしなみ』が特にお気に入りです。

スポンサーサイト
05:51  |  本(か行の作家)  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://banchi.blog14.fc2.com/tb.php/513-6f3345c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

管理人の承認後に表示されます
2012/09/04(火) 18:06:25 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。