2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.16 (Fri)

恋する空港 あぽやん2  新野剛志

恋する空港―あぽやん〈2〉恋する空港―あぽやん〈2〉
(2010/06)
新野 剛志

商品詳細を見る

空港=airportを略してAPO。国内最後の水際であらゆるトラブルに対応する空港のプロフェッショナルをかつて旅行会社・大航ツーリストでは「あぽやん」と呼んだ―成田空港所勤務2年目を迎えた遠藤慶太は新人教育に恋のライバル登場に悪戦苦闘。しかも、親会社・大日本航空の経営悪化の煽りを受けて空港所閉鎖の噂が!?立派な「あぽやん」目指して今日も走る遠藤の運命やいかに?爽快お仕事小説。内容(「BOOK」データベースより)

『あぽやん』の続編です。
まずは前作のおさらいです。
旅行会社大航ツーリストでは利益を生まない空港勤務のことをエアポート=APO『あぽやん』と呼んだ。
島流しとも言われる空港所勤務に飛ばされてやる気をなくしてた主人公遠藤。
遠藤が空港で様々なトラブルに巻き込まれていくうちに『あぽやん』の大切さやりがいにに目覚めて成長していく。
前作で一人前のスーパーバイザーになった遠藤が今度は枝元という同年代の新人を指導する立場の人間になります。
枝元は本社採用の正社員じゃなくてグアム現地採用のスタッフだった。
やる気はあるし愛想はいいんだけど、憶えは悪いし仕事も遅くミスも多い。
熱血指導員の遠藤はそんな枝元にイライラしっぱなしなんだけど本人はそんなことはおかまいなし。

人が死んだり、生まれたり、台風がやってきたり、相変わらず空港ではいろんなトラブルが発生していろんなドラマが生まれる。
遠藤って真面目で悪い人間じゃないんだけど誤解も受けやすい性格なんですよね。
スーパーバイザーとしては一人前でも指導者としてはちょっと余裕がない感じで読んでてもうちょっと枝元のよい面を引き出してやれよーなんて思ってしまう。
空港所って周りは女性だらけの職場で前作では割と女性陣を味方につけてたんですが今作では敵に回して孤立してしまったりする。
でもそれもこれも『お客様を笑顔で無事に旅行に送り出す』そのためなんです。
いろんなトラブルをなんとか切り抜けてやっていく毎日に今度は大問題が振りかかる。
親会社大航の経営状態悪化からのリストラ『空港所閉鎖』
そんなときに遠藤に銀行重役令嬢との結婚話が持ち上がる。

読み始めたときは前作のほうが面白いかなぁっと思っていたんですがリストラによる空港所閉鎖とか現実にも起こりそうな問題が絡み始めて俄然面白くなりました。
前作のときからちょっと気になっていた森尾との恋愛ドラマもハラハラさせてさてどうなっちゃうのか?

読後感が爽やかな気持ちで楽しめるエンタメ作品でした。


スポンサーサイト
04:34  |  本(さ行の作家)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://banchi.blog14.fc2.com/tb.php/510-60999039

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。