2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.12 (Mon)

夜行観覧車  湊かなえ

夜行観覧車夜行観覧車
(2010/06/02)
湊 かなえ

商品詳細を見る


父親が被害者で母親が加害者―。高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と、向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。内容(「BOOK」データベースより)


高級住宅地「ひばりが丘」に住むエリート一家で起こった殺人事件。母親が父親を殴り殺したという。
事件の起こった高橋家は父親が医者で長男は医学部、長女は名門私立女子高、次男は人気芸能人そっくりな男前でスポーツ万能。どうして人もうらやむようなこの一家で事件は起こったのか?事件の真相は?事件当時唯一自宅にいた次男は事件後行方不明に。
その高橋家と対照的なのが向かいに住む遠藤家。
背伸びして無理してあこがれのひばりが丘に家を建てたものの「ひばりが丘で一番小さな家」と呼ばれ一人娘は受験に失敗して反抗的になり家族は崩壊寸前。
その二つの家族に昔からひばりが丘に住みこの住宅地を誇りに思う老婦人の小島さとこ。
物語は小島さとこのモノローグを挟みながら、二つの家族を対比するように不穏な雰囲気をプンプンとさせながら展開していきます。

湊さん初の三人称ですが一人称視点の語り口調は相変わらずといった感じです。
人の負のオーラ、人間のいやぁな部分の描写は秀逸でぐいぐいと読ませるリーダビリティは健在でこのあたりはさすが湊さんといった感じです。
でも物語をミステリーとして捕らえればラストはちょっと肩透かしを受けてしまう。
人間ドラマ、家族の物語として捕らえれば醜い感情ばかりが印象に残ってしまいなんかリアリティに欠けてしまうように感じてしまった。

どっちつかずの中途半端になってしまったようで少し残念な作品になってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

06:02  |  本(ま行の作家)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://banchi.blog14.fc2.com/tb.php/507-fe6af5de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。