2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.05.30 (Sun)

ヤングアダルト パパ  山本幸久

ヤングアダルト パパヤングアダルト パパ
(2010/04/29)
山本 幸久

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
夏休みもあと数日。中学2年生の静男は、生後5ヶ月の赤ん坊を負ぶり保育所を探していた。10以上年の離れた花音と恋をして、優作が生まれた。しかし彼女は幼い父子を残し、消えてしまったのだ。もうすぐ二学期が始まる。急がなきゃ。しかし、中学生の保育所探しはどこからも相手にされない。途方に暮れながらそれでも、静男は優作を守ろうとするのだが…。14歳の父、5ヶ月の息子、幼い父子の、家族物語。


僕は山本さんのお仕事系小説がとっても好きだ。
読んだら、いつもよしっ!これからも頑張っていこうと前向きな気持ちにしてくれる。
今回の物語はそんな小説とはちょっと毛色がちがう切ない物語でした。

主人公の静男は14歳。離婚した両親の父親に引き取られて過ごしていますが父親は仕事でほとんど家にいません。
父親の知り合いだという花音が家に転がり込んできます。
自称ミュージシャンの花音はまともに仕事もしないんですが静男はそんな自由人っぽい花音に魅力を感じて恋に落ちてしまいます。
そして花音が妊娠して赤ちゃんが生まれた。でも花音は子育てを放棄して5ヵ月になる優作を静男に残したまま行方不明に。
物語は花音が出ていった後、夏休みの10日間の出来事の間に花音との回想シーンが挟まれる形で進行していきます。

「快楽に溺れ、射精した結果がこれか」

14才の父親として自分の責任を取ろうと一生懸命になる静男。
そんな静男に比べてどうしようもないぐらいに無責任で頼りない花音、そして離婚した両親。
保育所にも相手をされず孤軍奮闘する静男が切なくなります。
でも父として我が子を愛し育てていくと言うのはとてもシンプルなことだ。

「おれ達三人、形はどうあれ家族なんだしな」 

離婚した両親が放った言葉に静男はこう言った。

「いま、僕にとって家族といえる存在は優作だけだよ」

家族とはなんなのだろう?
優作を守ろうとする静男の必死な切実な思い。その思いは友人や周りの大人たちの助けを借りてなんとか前に進もうとする。 
そして静男ならなんとかやってくれるんじゃないかという気持ちになる。
切ないけどあったかな気持ちにもさせてくれる物語でした。

山本さんはあるインタビューでもう何年も前からこのテーマで小説を書こうと思いながらもなかなか形にならなかったと答えています。
だからかもしれませんが、読んでてなかなか入り込めない部分があったりもしました。

山本さんがこの作品に込める気持ちはわかるんですがやっぱり僕等は山本さんにはあったかで前向きで元気をくれるような小説を書いて欲しい、読ませて欲しいなっと思いました。

スポンサーサイト
01:42  |  本(や行の作家)  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

Comment

こんばんは。
作者が読ませたいのは幼い親子の物語なんでしょうね。
でもそちらに集中できない設定が引っかかって引っかかって。
まず母親に、次に父親に、さらに花音に。こ奴らの身勝手さにうんざりでした。
これが好きという作品は特にありませんが、本書は不出来すぎるような...。

リンクされているのを見ました。こちらもアンテナさせてもらいますね^^
しんちゃん |  2010.07.16(金) 22:38 | URL |  【編集】

>しんちゃん、、、
コメントありがとーございます。
僕は特に不出来とは思わなかったんですがなんか山本さんの想いと意図がうまくかみ合ってなかったかなっと思いました。
アンテナありがとーございます。
今後ともよろしくお願いします^^
banchi |  2010.07.17(土) 07:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://banchi.blog14.fc2.com/tb.php/484-018609f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ヤングアダルト パパ(2010/04/29)山本 幸久商品詳細を見る 夏休みもあと数日。中学2年生の静男は、生後5ヶ月の赤ん坊を負ぶり保育所を探していた...
2010/07/16(金) 22:34:31 | しんちゃんの買い物帳

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。