2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.12.16 (Sat)

『絲的メイソウ』『ニート』 絲山秋子

      

こないだ絲山秋子さんの本をはじめて読んでちょっと興味が湧いてきたんで
図書館で『絲的メイソウ』『ニート』『逃亡くそたわけ』があったんでまとめて借りてきた。。

先に初エッセイとなる『絲的メイソウ』を読んだ。。

ひと言でゆーたら、、、めっちゃ面白い、、、なんやこれ、、リズム感抜群、、
今まで小説が好きでもエッセイはちょっと俺の好みとはあわんなぁーってひとも
おるけど、、、誰とは言わんけど衣良さんとか・・

まぁ、、女っぽくない、、んやけど『恋のトラバター』は絲山さんでも、、、
《でも》なんて言ったら失礼かもしれんけどこんな恋わずらいみたいな思いに
なったりするんやぁと可愛らしかった。。
個人的には『寝言は寝て言え』のひとり言分類が妙につぼにはまった。。。

この人と飲み友達なんかやったら最高やろな、、、
決して彼女や嫁さんにしたいとは思わんけど(笑)

、、、で勢いづいて『ニート』を読んだら、、、、、、、、、、、、

突き放された。

『ニート』は5編の短編から構成されてるんやけどのっけに『ニート』から湿っぽくせつない。。。
『ベルエポック』をはさんで『ニート』の続編ともいえる『2+1』があって
『へたれ』あたりではこのせつなさ湿っぽさがここちよく俺の身体に馴染んでくる。
そ・ん・でー『愛なんかいらねー』だ。

やられた、、、心地よく馴染んできたところうやのに見事に突き放された。

もともと絲山秋子さんの作品って好き嫌いが激しいんやけど『愛なんかいらねー』はいろんな本の感想を
書いたブログ読んでもほとんどボロクソやった。

でも俺からしたら絲山さんに私の小説を勝手にわかった振りせんといて、、、
『どーだ!!参ったか!』って言われたような気分でそれはそれで面白かった。
さて今度は『逃亡くそたわけ』だ。。。

でもその前に今、他の小説読んでんねんけどね




スポンサーサイト
06:25  |  本(あ行の作家)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://banchi.blog14.fc2.com/tb.php/315-b32d058f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。