2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.01.18 (Wed)

第134回直木賞


容疑者Xの献身 東野圭吾(著) 文藝春秋
ついに、、、というかようやくというか東野圭吾さんが念願の直木賞を受賞した。
東野ファンの俺としては非常にうれしいけれど少し複雑な気分もある。

なぜ?複雑な気分かというと東野さんは今までに5度も候補にあがりながらも受賞
できず今回が6度目の候補で3度目の正直ならず6度目の正直。。。

ちなみに現在ドラマで放映されている『白夜行』は第122回の候補作で俺の一番
好きな(他にもいっぱい好きな作品があって甲乙つけがたいのですが)東野作品でもあります。

1月5日に今回の候補作が発表されたときもえっ!今回も候補なん、、、これで落としてまた東野さんやファンに嫌がらせしようとしてるんちゃうかぁ~とも思った。

直木賞を取っても取らなくても東野さんの小説は読みやすくて構成が緻密で面白くてはっ!とさせて時には泣かせて最高のエンターティメント作家には変わりないし今さら受賞せんでもと思ったりしたがやっぱりうれしいです。

『落ちるたびにヤケ酒飲んで選考委員の悪口いって普通の人にはできないゲームをやり続けた。あれができなくてさびしくなるかと思ったけど、やっぱり今日は、勝てて
よかった』
今朝の朝日新聞に載ってた東野さんの言葉だ。

東野圭吾さん、本当におめでとうございます。

実は最近、あまり本を読めてなくて受賞作もまだ読めてません^^;
早速、図書館に行って予約(おいおい買わんのかい)してこよう。。。




スポンサーサイト
09:10  |   |  トラックバック(4)  |  コメント(3)

Comment

TBありがとうございました

私も「白夜行」、一番好きです。
やはり、これか「秘密」でとってほしかったです。
しかしまあとれて良かった、と。
ガチガチのミステリですが、読んで驚いて下さい。
次回は伊坂幸太郎「砂漠」で決まりですよ。
keita2 |  2006.01.19(木) 05:17 | URL |  【編集】

TBありがとうございます。。。

今回実は伊坂幸太郎が受賞すると思ってたんですよ。。

図書館へ行って『容疑者Xの献身』予約したら予約人数50人以上^^;
いつになったら読めるんでしょう。
ばんち |  2006.01.19(木) 20:21 | URL |  【編集】

TB&コメント御礼!

コメントもありがとうございました!ミステリー&図書館の同好の士がいて嬉しいです。 冬季オリンピック間近かですね、やはり、ここは「鳥人計画」を読み返すのが一興ってものでしょうか(^^)
emi |  2006.01.23(月) 09:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://banchi.blog14.fc2.com/tb.php/162-0d96aeb2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

東野圭吾が「容疑者Xの献身」で直木賞を受賞した。おめでとうございます。夜のニュースでやらないか見ていたら、小嶋社長の証人喚問と、宮崎勤の死刑判決、阪神淡路大震災、さらにライブドアとニュースが目白押しで、なかなか映らなかった。NHKでやっと数分見られた
2006/01/19(木) 05:14:12 | 勝手にショートショート
134回芥川賞と直木賞が発表され、直木賞は東野圭吾「容疑者Xの献身」に決まったそうです。東野氏6度目の候補にしてやっとの受賞となりました。おめでとうございます。 「容疑者Xの献身」はまだ読んでないんで
2006/01/19(木) 07:43:07 | はぐれ雲
東野圭吾作「容疑者Xの献身」が第134回、直木賞を受賞したと知り、とてもとても喜んでいます。実はまだ「容疑者Xの献身」は読んでいません。このミス(このミステリーがすごい)で1位にランキングされたのは知っていたので、早く読みたいのですが、何せ図書館フリークの
2006/01/19(木) 08:17:46 | my all..
第134回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まりました。芥川賞は絲山秋子さんの「沖で待つ」(文学界9月号)、直木賞は東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」です。 絲山秋子さんは、「イッツ・オンリー・トーク」で第96回(平成15年)文学界新人賞を受賞、「袋小路の....
2006/01/23(月) 21:41:29 | 及川的大人のブログ

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。