2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.26 (Thu)

三度目の正直、、、

20090325155221.jpg

昨日はひっさしぶりにファンキーさんとテケテケさんとお初のポイントへ、、、

ファンキーさんとお初のポイントに行くのはこれが三度目やけど今まではことごとくハズレ(笑)

3年前の二見も去年の林崎もなぜか3月やったことを思い出す、、、

今回は大当たり、、、

昼前からは4.5+75Lでずーっとゲロオーバー

天気は晴れてあったかししうねりもセットは肩ぐらいの掘れたんがあってめっさグー
楽しかったけど体力不足で3時半にて終了

もっと体力つけんとあかんわぁ~


スポンサーサイト
05:44  |  ウインドサーフィン  |  コメント(0)

2009.03.19 (Thu)

3月18日@みさき、、、

DSCF4767.jpg
最近ちょこーっと疲れがたまり気味

疲れはたまるけどお金はたまらん

遠出するにはお金もたらんし体力もたらんし頭もたらんし右を向いても左を向いてもこの世の中たらんもんだらけ、、、

近場で乗れればラッキーと昼前に家をでてマーブルでぶるぶるしてイオンでもんもんとしてたら南に風向きが変わり友ヶ島灯台の数値がぐんぐんとうなぎのぼりにあがってきたので岬へと、、、

すでにた○こ○さん5.0、、スラのお○たさん5.8でカンカン走ってるけど
ブローはかんなりオーバーらしい

4.台のセイルを積んでこなかったんでオーバー覚悟で5.4+90Lで出艇 、、、

ブローはきつめやけどカンカン走るし天気もよくて乗ってると暑いぐらいでめっちゃ気持ちよし^^
DSCF4768.jpg
5.8カンカンのお○たさん、、

3時過ぎて抜けが多くなってきたんで3時30分にて早め終了やったけど2時間ほどみっちり乗れたんでごっちゃんでした^^
19:28  |  ウインドサーフィン  |  コメント(0)

2009.03.17 (Tue)

アッキーナ、、、

48.jpg

おっちゃんの世代では、、あきなと言えば中森。。

今はあきなと言えばアッキーナで南、、、

、、、っちゅうことで今週の定休@水曜はちょいアッキーナがやってきそーです

まっちがいなく吹きそうなんは由良に水島なんやろなー

でも個人的には琵琶県もまだ開幕してへんのに由良はいきなりメジャーデビューするようなもんで無理っす

水島はやっぱり、、、遠い

、、、っとゆーことで吹く確立はぐぐっと低くなりますが今シーズンの岬オープンかな

マーブルあたりでブラブラして友ヶ島の灯台の数値があがればゴーひろみ

先週の読了本は4冊で読んだページ数はジャスト1500ページでした

2009年3月9日 - 2009年3月15日の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1500ページ

新世界より 上新世界より 上
上下巻で1000Pを越えるSF大作で持つのに重たい(笑) 舞台は世界が一度滅んだあとにわずかながら生き残った人達が呪力によって支配する1000年後の日本。。はるか未来なのにドボルザークの家路が流れる牧歌的な風景にはどこか懐かしさを感じさせられました。主人公早季の回想といった形で物語りは進んでいくのですが最初の説明部分が少々退屈かも、バケネズミとの戦いあたりから一気に引き込まれました。。のどかな風景とはうらはらに過去の歴史を封じ込められた徹底的に管理された社会。。悪鬼とは業魔とは人間の業とは? 下巻へと、、
読了日:03月10日 著者:貴志 祐介
新世界より 下新世界より 下
遥かなる過去から大いなる未来まで人間は永遠にエゴとカルマに悩まされながら生きていくものなんだとういうことを壮大なる世界観を持って教えられた大作でした。。読み終わったあと猿の惑星の「猿は猿を殺さない」ってコーネリアスのセリフを思い出しました。
読了日:03月12日 著者:貴志 祐介
別れのあと別れのあと
いろんな愛の形と別れの形がつまった短編集。。痛くて切なくて、、でも最後はどれも前向きに希望的に終わります。 不倫、離婚とどろどろになりそうな内容なのにそう感じないのは作者のシャープで透明感のある文体の力ですね。 五編の中で 「婚約指輪」と「この河の向こう岸」が良かった。
読了日:03月13日 著者:小手鞠 るい
ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべてジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊ワールドのすべて
海堂さんのファンブック、、ジェネラル速水の若き日の伝説を書いたスピンオフは面白く読めました(相変わらず猫田がええ味出してます) 海堂ワールドを整理するにも便利な本です。
読了日:03月13日 著者:海堂尊

読書メーター

07:22  |   |  コメント(0)

2009.03.14 (Sat)

2月の読書日記、、、

最近、、読書メーターってのをつけてるんやけど遅ればせながら2月の読了本。。。

2月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:5318ページ

太郎が恋をする頃までには…太郎が恋をする頃までには…
えてるものを見えないふりして生きてる、、、同和問題ってそういうもんだと思ってた、、頭ではわかっていても理由のない忌避する感情が僕の中にないとも言えない。いろいろと考えさせられる小説でした。。ただ栗原氏の私小説に近い内容だと思うのですがフィクションとノンフィクションの部分がよくわからなくて中途半端な印象を受けたのとラストがもうひとつ納得いきませんでした。
読了日:02月05日 著者:栗原 美和子
ラットマンラットマン
なんとなく最後は読めたんですがラットマンのタイトルがぴったりと嵌ります。。 最初はもやーっとしてるんですが読み進んでいくうちにパズルがひとつひとつはまっていく感覚にも似てるような気がします。。けっこー好きです^^
読了日:02月06日 著者:道尾 秀介
太陽の塔太陽の塔
初森見作品です。なかなか読むのに疲れましたが独特の文体は今までにない新しい感覚を感じました。物語的にはもてない京大生の男臭さぷんぷんの失恋小説、、、アンチクリスマスのええじゃないかで盛り上がって最後は哀愁漂う終わり方がよかった。。
読了日:02月08日 著者:森見 登美彦
阿修羅ガール阿修羅ガール
題名につられて読んでみましたがかなり苦戦しました。 久しぶりに途中で投げ出しそうになりました。。。出だしの「減るもんじゃねーだろと言われたのでとりあえずやってみたらちゃんと減った。私の自尊心。これはけっこーいいなぁーっと思ってそのままのっていけるかと思ったんですが二部当たりから読解力がないのか内容についていけない。最後はきちっとまとめてくるんですが、、、そんでどうやったん? って聞かれるとやっぱりようわからん ^^;
読了日:02月11日 著者:舞城 王太郎
出星前夜出星前夜
島原の乱を題材にした読み応えたっぷりの一冊、、、なぜ一揆を起こさねばなかったのか?死ぬこととは生きることとは、、、 最後に希望があります。。
読了日:02月12日 著者:飯嶋 和一
秋の牢獄秋の牢獄
ふとした日常の隙間から異次元の世界へ、、、この作者独特のノスタルジック感がたまりません。。
読了日:02月13日 著者:恒川 光太郎
セックスボランティアセックスボランティア
障害者の性についてかなりリアルに書かれた本、、、健常者でも障害者でも性欲については同じ、、でもやはりタブーな部分は多いと思う。 いろいろと考えさせられる本でした。
読了日:02月16日 著者:河合 香織
希望ヶ丘の人びと希望ヶ丘の人びと
重松節炸裂の大長編です。。かなりベタでくさいところもあるんですが同年代の親父としてはやっぱり泣かされます。。
読了日:02月17日 著者:重松 清
本日、サービスデー本日、サービスデー
花まんまのノスタルジックなホラーなところが好きやったんですがそれに比べるとかなり軽い感じがしました。
読了日:02月17日 著者:朱川湊人
鬼の跫音鬼の跫音
ひたひたひた、、、、ざわざわざわ、、、っとくる怖さがなんともいえずぞっとします。短編なんでミステリー色は薄いですがどれもよくできた短編だと思います。書体もこの作品にぴたっとはまってますねー
読了日:02月20日 著者:道尾 秀介
女優仕掛人女優仕掛人
黒い太陽の芸能界版、、、黒い太陽も女王蘭も枕女優もぜーんぶパターンいっしょ  読む前からわかってたけどそれでも読んでしまう(笑)
読了日:02月20日 著者:新堂 冬樹
オリンピックの身代金オリンピックの身代金
高度成長期の日本、、、熱き昭和の時代、、、その影に今とは違う格差社会があった、、、 東京オリンピックを背景にその時代のリアルな風景がズシリと伝わってくる長編大作。。 東京オリンピックのことは生まれたばっかしの僕の記憶にはまったくないんですが昭和の時代は懐かしく思う。
読了日:02月23日 著者:奥田 英朗
東京島東京島
久しぶりの桐野さんの作品。。 無人島に漂流した32人の中に女性がひとりという設定が面白そうってことで読んでみたけどなんか物語にいまいちうまくのめり込めませんでした。 "食欲と性欲と感情を剥き出しに、生にすがりつく人間たちの極限状態を容赦なく描き、、、" というほどのもんではなかったかなぁっと。
読了日:02月24日 著者:桐野 夏生
ロコモーションロコモーション
地味だけど女としていい身体を持ってしまったアカリ、、ずっと誰かに謝り続けてずっと誰かにスキと言いたかったアカリ、、長い時間をかけて壊れて壊されていったアカリ、、読んでる途中から不安定でなんか哀しい小説でした。
読了日:02月25日 著者:朝倉かすみ
廃墟建築士廃墟建築士
廃墟建築士、、この題名だけで惹かれてしまいます。。いつもながらの現実と非現実の間の不可思議なお話、、、シュール度はよりいっそう磨きがかかってきたようです。図書館は本好きにはたまらないお話、、、七階闘争の姿勢のよい並川さんや図書館の日野原さんといった三崎さんの描く女性キャラクターに凛とした魅力を感じました。
読了日:02月27日 著者:三崎亜記
節約家族節約家族
異才ダンカンが書いた節約小説!!って謳い文句につられて読んでみたんですが内容は割と平凡でした。文章はお世辞にもうまいとはいいがたいですがそれなりに読みやすかった。節約がエスカレートしてどうなることやら・・っと思ったら最後は節約よりも大事なものがあるって気づく家族の物語。。
読了日:02月27日 著者:ダンカン
男道男道
清原のプロとしての闘う生き様がひしひしと伝わってくる男気たっぷりの一冊、、そして両親をはじめ彼を小さなときから教えささえてくれた人達への感謝がいっぱいつまった一冊。。ぐぐっときました。
読了日:02月28日 著者:清原 和博

読書メーター

大体、、毎月15冊~20冊ぐらいは読んでるなぁ、、、。
05:36  |  その他  |  コメント(0)

2009.03.14 (Sat)

ひさしぶりの更新

また、、えらい長い間ほったらかしになってしもた^_^;

あんまり風には恵まれてへんけどぼちぼちウインドへは行ってます。。

2月13日  マーブルで5.4オーバーで仕事の合間に春一番@30分ライド、、

2月14日  臨海で5.4でちょこっとバレンタインライド、、

2月18日  お初のシャーク@遠州で4.1オーバー、、やっぱ遠州はよー吹きますねー

3月4日   臨海で6.2で3時半から1時間ほど、、ロンリー貸切ひとりぼっちライド、、

3月11日  臨海で5.4ジャスト~オーバーで12時半~3時半、、久々に乗れたって感じでした。。

まとめるとこんな感じです。。

やっぱり今年はあんまり風に恵まれてない水曜日やな。。





05:33  |  ウインドサーフィン  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。