2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.13 (Fri)

風待ちひと  伊吹有喜

風待ちのひと風待ちのひと
(2009/06/19)
伊吹 有喜

商品詳細を見る

“心の風邪”で休職中の男と、家族を亡くした傷を抱える女。海辺の町で、ふたりは出会った―。心にさわやかな風が吹きぬける、愛と再生の物語。第三回ポプラ社小説大賞特別賞受賞作。
内容(「BOOK」データベースより)


初めて読む作家さんでした。
「風待ちのひと」ってタイトルがウインドサーファーの僕にぴったりだなぁ~っと思って読み始めましたが物語は当然ウインドとはまったく関係ありません(笑)

最初、有喜って名前から作家が男性なのか女性なのかわからないまま読み始めましたが文章の雰囲気から女性作家さんだとすぐ気づきました。

物語は簡単に言ってみればアラフォーの男と女が海辺の町で出会ってひと夏の恋に落ちていくといったなんかどこかにあったような話しなんですがこれがすごく心に染みこんでくるのです。

主人公の哲司は東大卒のエリート銀行員、妻は同級生で外資系の証券会社でバリバリのキャリアウーマン。
哲司は銀行の吸収合併で次第に窓際へ、年収を妻にはるかに抜かされて仕事にも家庭にも疲れを感じるようになった。
そんなときに母が死にそれをきっかけにしたように首が右に回らなくなり会社に行けなくなってしまった。
病院で精神的なものと診断され休職して静養をかねて母の実家を整理するために実家のある南紀の海辺の町へ。

そこで「ペコちゃん」と呼ばれる喜美子に出会って彼女に母親の遺品整理を手伝ってもらうことに。

愛嬌たっぷりの喜美子は屈託なくずけずけと哲司の心に入ってくるので最初はおせっかいな女やなぁーっと思ってたんですがそんな喜美子にも子供と夫を亡くすといった心の傷を負った過去があった。
それなのにそんな自分の過去のことはおくびにも出さず、どこまでも明るく自分のことをバカでおばちゃんだと言う喜美子が途中からはとっても可愛くていい女に見えて抱きしめたくなってくる。

そんな喜美子のおかげで哲司は徐々に人間らしさを取り戻していく。

そのあとも哲司と妻、喜美子のまわりでいろんなドラマが巻き起こるのですが、いまからでも遅くない、もう一度人生を二人で再生しよう、こうやって書くとなんか陳腐な気がしてしまうんですがそこにいきつくまでの二人の心の葛藤、距離感があったかくも切なかった。

主人公の二人は僕より少し年下なんですが読みながら自分自身の今までの人生と重ね合わせてしまって、いろんな思いが僕の頭の中を駆け巡り、心が揺さぶられて、熱い何かが込み上げてくるのを抑えられない、そんな物語でした。

南紀の海辺の町、岬の家、オペラ椿姫、チキチキ南蛮、といった風景、音楽、食べ物といった小道具も憎いぐらいに物語にマッチしてましたね。


スポンサーサイト
11:43  |  本(あ行の作家)  |  トラックバック(1)  |  コメント(1)

2010.08.10 (Tue)

バイバイブラックバード  伊坂幸太郎

バイバイ、ブラックバードバイバイ、ブラックバード
(2010/06/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

太宰治の未完の絶筆「グッド・バイ」から想像を膨らませて創った、まったく新しい物語。1話が50人だけのために書かれた「ゆうびん小説」が、いまあなたのもとに。内容(「BOOK」データベースより)

50人のために書かれた5編の短編と書き下ろしの1編からなる連作短編集です。

物語の設定も装丁もタイトルもお洒落でセンスのよさを感じさせてくれます。

物語は5人の女性とつきあってる調子のよいけど憎めない星野一彦が何らかの理由で監禁され2週間後にはバスに乗って連れ去られてしまうらしい。
〈あのバス〉とはまぐろ漁船よりもひどい場所みたいだ。
星野はバスに連れて行かれる前に5股の女性に別れの挨拶をさせてくれと監視役の繭美に頼み込む。
そして繭美と一緒に、繭美と結婚するという口実のもとに5人の女性に会いに行く。

この監視役の繭美が強烈で性格もまったく可愛げがなくて外見も身長180cm体重180kgとまるで相撲取り。
つきあってる女性も個性豊かで主人公の星野を含めて登場人物すべて濃いキャラしてます。
ウィットに富んだ会話、小気味のよいジャブの応酬みたいなテンポのよさと伊坂さんらしさを十二分に楽しんで読むことが出来ました。

ありえない話しだしバスの正体もよくわからないのですがそれがかえって読み手の想像力を刺激してくれます。
最後の終わり方も中途半端だけどとっても素敵だと思いました。

あと最初はとんでもなく嫌な女だった繭美が最後にはなぜか愛しさまで感じてしまいました。




03:26  |  本(あ行の作家)  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2010.06.30 (Wed)

民王  池井戸潤

民王民王
(2010/05/25)
池井戸 潤

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
国会騒然…!日本の政治はいったいどこへいってしまうのか!?胸がスカッとする痛快エンタメ政治小説。


御名御璽にて首相に指名された民政党の武藤泰山。ある日突然、大学生の息子の翔と中身が入れ替わってしまう。
政治どころか漢字もまとも読めないバカ息子の翔は質疑応答で珍答、問題発言続出で世間からの批判が集中する。
対立政党の陰謀?それともこれはテロなのか?
閣僚の女性スキャンダル、酔っ払い発言、献金問題などをドタバタコメディータッチで描いていく。

僕の中では企業小説のイメージが強い池井戸さんですが今回は政治を舞台にした小説ということで期待感たっぷりで読んでみました。

最初、読み始めたときは『空飛ぶタイヤ』『鉄の骨』とは雰囲気が違ったのであれっ?っと思ってページを捲ってたんですが読み終わってみれば痛快でスカッとする心地よいエンタメ作品でした。

『空飛ぶタイヤ』のような骨太な小説を期待した人にはやや肩すかしを受けるかもしれませんが、コメディータッチで現在の政治を痛烈に風刺するところなんかは流石ですよ。
政治の本道とは何かってことを笑わせながら教えてくれます。
池井戸さんの小説ってなんかかゆいところをうまく見つけてかいてくれるそんな印象があります。

バカ息子の翔と首相の泰山がギクシャクしながらも最後ではお互いを認め合っていくという展開はちょっとベタな気がしないでもないんですがこれもよかったです。

本音と建前だらけで言いたいことの言えないこの世の中、小説の中だけでも読者を気持ちよくさせてくれる、これぞ娯楽小説です。
13:04  |  本(あ行の作家)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.04.09 (Thu)

テンペスト 池永永一

テンペスト  上 若夏の巻テンペスト 上 若夏の巻
(2008/08/28)
池上 永一

商品詳細を見る
テンペスト 下 花風の巻テンペスト 下 花風の巻
(2008/08/28)
池上 永一

商品詳細を見る


舞台は19世紀琉球王朝末期、、、
頭脳明晰にて容姿端麗な真鶴の波乱万丈な物語。。。

性を偽って宦官寧温として生る真鶴にこれでもかぁーってくらいに栄光と転落の波乱万丈なドラマが繰り広げられる、、、

壮絶な展開なんだけれどギャグユーモアありで悲壮感はなし、、、

ジェットコースターファンタジー絵物語といった感じです。  

テンポがよく飽きさせないんやけどいろんなもんを詰め込みすぎといった感じが無きにしも非ず。。

寧温と真鶴の一人二役も面白いけどちょっと無理目なご都合主義も随所に出てきてちょい苦笑い、、
大作な割にはギャグ満載で明るく軽めなんは長所でもあり短所でもあるのかな?とはいっても主人公以外にも真牛や真美那といった強烈なキャラクターもすごく魅力的で物語を面白くしてくれてます。 

波乱万丈な割には終わり方があっさりな感じですが上下巻通して楽しく読ませてくれたんでまぁええかな^^

17:12  |  本(あ行の作家)  |  コメント(0)

2006.12.16 (Sat)

『絲的メイソウ』『ニート』 絲山秋子

      

こないだ絲山秋子さんの本をはじめて読んでちょっと興味が湧いてきたんで
図書館で『絲的メイソウ』『ニート』『逃亡くそたわけ』があったんでまとめて借りてきた。。

先に初エッセイとなる『絲的メイソウ』を読んだ。。

ひと言でゆーたら、、、めっちゃ面白い、、、なんやこれ、、リズム感抜群、、
今まで小説が好きでもエッセイはちょっと俺の好みとはあわんなぁーってひとも
おるけど、、、誰とは言わんけど衣良さんとか・・

まぁ、、女っぽくない、、んやけど『恋のトラバター』は絲山さんでも、、、
《でも》なんて言ったら失礼かもしれんけどこんな恋わずらいみたいな思いに
なったりするんやぁと可愛らしかった。。
個人的には『寝言は寝て言え』のひとり言分類が妙につぼにはまった。。。

この人と飲み友達なんかやったら最高やろな、、、
決して彼女や嫁さんにしたいとは思わんけど(笑)

、、、で勢いづいて『ニート』を読んだら、、、、、、、、、、、、

突き放された。

『ニート』は5編の短編から構成されてるんやけどのっけに『ニート』から湿っぽくせつない。。。
『ベルエポック』をはさんで『ニート』の続編ともいえる『2+1』があって
『へたれ』あたりではこのせつなさ湿っぽさがここちよく俺の身体に馴染んでくる。
そ・ん・でー『愛なんかいらねー』だ。

やられた、、、心地よく馴染んできたところうやのに見事に突き放された。

もともと絲山秋子さんの作品って好き嫌いが激しいんやけど『愛なんかいらねー』はいろんな本の感想を
書いたブログ読んでもほとんどボロクソやった。

でも俺からしたら絲山さんに私の小説を勝手にわかった振りせんといて、、、
『どーだ!!参ったか!』って言われたような気分でそれはそれで面白かった。
さて今度は『逃亡くそたわけ』だ。。。

でもその前に今、他の小説読んでんねんけどね




06:25  |  本(あ行の作家)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。